スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.05.07 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    つるちゃん。

    0
      image0001.jpg
      すこし前の話になってしまうが、劇団「突劇金魚」の公演「ゆうれいを踏んだ」を観てきた。



      突劇金魚や主宰のサリング嬢に関してはガラスヤと縁浅からぬこともあり、過去何度も何度も書いてきたのだが、やはり観たあとには書かねばならない。
      ならない、というか書きたいのである。
      あるったらあるのである。


      スタートから観客を煙に巻く作風、表現方法。
      ともすれば読解困難とも思えるストーリー展開は、もはや「節」と言うべき彼女の持ち味。
      そう簡単にハードルを越えさせてはくれない。皆一様に「?」をたくさん抱えて進行を見守るしかないわけです。

      コレが癖になるのよね。



      彼女の作品の中心というか路線というか持ち味というか…それをもしひとことで表すなら「容赦ない抽象」という言葉が相応しいのではないかなと思います。

      通常、表現と言うものは自分の頭の中で咲いた花をいかに「具体的に」伝えるかというところから始まることが殆どなのに対し、彼女の場合はギリギリまで具体的表現を見せない。
      だから対峙しているものが人なのか物なのか、朝なのか夜なのかはっきりせず、霧の中で芝居が進行していく。
      ある人は途中でそのトリッキーな仕組み(本人はまったく意識していないはず)に気づき、ある人はハテナを抱えたまま進行を見守って、ある人は枠線のあいまいな世界観にハマる。





      天才という言葉があるならそれは、思考の背骨が歪んでいる人のことを指すんだと思っている俺であります(もちろんいい意味でね)。
      ただそれがすくすくと育つためには、周りの人間がそれに気づくこと、そして決して矯正しようとしないことが肝要です。
      特に後者は「常識」の名の下に花を咲かせることなく沈められてしまうことが多く、対峙する俺にも驚異と思えるくらいだった巨大な才能が、最後の薄皮一枚を目前にしてその成長を止めてしまったケースを数多く見てきたりしました。



      ウチのネネと楽器隊の関係もそうですが、早期の段階から彼女の周りには、彼女の才能を見抜く人々がいたに違いなく、だからこそこれだけトップを行く表現方法が成り立っているのでしょう。
      彼女の背骨も間違いなく歪んでおり、天才と言われる人の仲間に入っています。

      飛び道具は土壇場で出てこそ飛び道具であり、また土壇場で出すべき弾数しかないから飛び道具。
      天才という人種は、みんながジャンケンから始めている勝負に、飛び道具を撃ち込んでくる人のこと。それが飛び道具だという自覚もないし、そもそもの弾数が違いすぎるから、なんどでも必殺技を出せる。



      なんかね、最近そう思います。









      全然まとめれてませんが、アゴの蝶番のあたりにいいのをもらってしまったのでこの辺で。



      次どうやって凡人のジャブを鼻先に当ててやろうかと考えてます(涙)。

      遥かなる山の呼び声

      0
        2014122121080000.jpg
        師走である。





        小学生の戯れ言としか思えない言い訳で(だから3セクはクソ呼ばわりされんだよ)斬り合いからひたすら逃げようとする保守体質の客先と会社同士で揉めに揉めて精神が病みそうになっていたり、そのせいで敬愛していたはずの上司に噛みつきそうになったり(リアルどつき合いになるのでしてない)ここに書くのも憚られるようなホンマにプライベートの小さな、小〜さなササクレに痛いがってる自分に辟易し(オッサン成長せえよ)つい酒に甘えてしまったり、翌朝の二日酔いで更にブルーになってしまっていたりとあまり調子の出ない昨今です。



        皆様いかがお過ごしですか?
        インフルエンザにかかったりしてませんか?





        いや、特に書くことはないんですがなんとなく。









        皆さんは、如何ですか?


        わはは。

        こくち。

        0
          image.jpg
          さて。
          おひさしぶりでございます。
          ガラスヤの作曲担当兼ギター兼コーラス兼たまにMC兼若干リーダー的役割兼ステージ上でくるくる回るので気がついたらシールドが足に巻き付いてる担当兼…


          佐藤でございます。



          遅くなりましたが、福井県でのライブが決まりましたので告知を。
          ↓↓↓

          GREEN BAWL「BEACH GIRL」レコ発ライブ
          12/7(日)@福井HallBee
          OPEN 18:00
          START 18:30

          出演
          ・HOT STASION
          ・ガラスヤ
          ・experimental crossbreed
          ・GREEN BOWL

          となっております。

          数年ぶりの福井&持ち時間やや多目のライブ!
          楽しみッス。
          比較的爆音系が多いライブですが、きっちり射ってやろうと考えとります。

          よろしくっス。

          80'sが流れてる

          0
            お久しぶりでございます。


            暑かったり忙しかったり数年ぶりにひいた夏風邪が10日ほど長引いて体力をジリジリと奪われていったり、狭い道をハンドル切りつつバックしていったら石垣にホイルカバーをガリリといってしまったりしています。

            バイパスのど真ん中で俺に拾われたチビ猫も元気いっぱいです。
            ただ生まれつきなのか、拾ったときからヤニだらけで開かなかった左眼がどうやらアウトのようで、たぶん失明しているんじゃないかと見られます。
            ですが力あまって仕方ないみたいで、ピョンコピョンコ跳ね回り、エサもよく食べております。
            まぁ可哀想だけど片眼の子ですからね。里親探しは難しそうですがね。





            先に伝えたように、しばらく前に出身中学校の校舎の取り壊しが決まり、このお盆にはそれを記念した見学会が行われました。
            ワタクシもひじょーに行きたかったのですが、去年の末より配置換えされた客先の業種柄、夏休みやらお盆というのは殺人的に忙しいのです。
            あかんかなーあかんかなーとは思ってましたが、やっぱり今回は断念の運びとなりました。


            あまりにも残念なので、前にいちどどこかで書いたような気もしますが、少々ノスタルジックなことを。





            俺が育った町は、もう山と田畑と、小さな商店街しかないような町で。
            20歳の春先まで、地方特有の気だるさと一緒に育った町です。


            誰でもそうだと思うのですが、特に中学時代というのは思春期の始まりでもあるわけで、そのぶん思い出なんかもアホみたいに詰まっている時間。
            あの時期過ごした校舎ってのはもう減点の余地なんか一切ない、100点満点の思い出です。
            大袈裟な言い方ではなく。



            加えて俺は、みうらじゅん氏の言葉を借りれば少々「青春ノイローゼ」なところがありますから余計にそうです。


            加えてやはり昨今は治安のせいもあって、帰郷のたびに近所まで行ってみたりはしたんですが、やはりひと昔前と違ってなかなかスッとは入りづらかったりしました。
            正味卒業して以来行ってないんじゃないかなぁ。


            暴れまくった校庭

            ムカつく奴の鼻に頭突きをかました廊下

            部活中に水をガブ飲みした水道や、オイチョカブ開催場だった部室

            横顔をチラ見して満足していた教室

            テニスコートからいきなり繋がる雑木林

            酸欠になったプール

            バック転の練習を、こんなことしてたらいつか首の骨折るんじゃないかってくらい練習した体育館

            もしくは生まれてはじめて「特殊警棒」出されてドン引きし、テンパってなんでか先に殴りかかった体育館横の裏(笑)

            「佐藤くん袋叩き事件」の発端になった自転車置き場

            ぬはははは。







            なくなっちまうんですなー。




            なんつーか

            あの時代に、いっぱい貰っていまに至っているのも確かに自分。

            仕事に忙殺(個人的には「暴殺」と書きたい)され分かれ目に立ち会えないのも確かに自分。









            遠い西の空から、静かにサヨナラですな。今回は。





            …オチ?ないよ?

            阿呆

            0
              アメ村にThe Jizz Monksの復活ライブを観に行ってきた。


              20代の頃、まぁマッチョ系のバンドをしており、ほどほど仲良くしていただき、憧れたバンドである。






              多くは言うまい。
              皆老けたし、全盛期を知っているから比べればそうだろうが、それでもやはり固まって飛んでくるリフの爆弾は流石だったし、山内さんのボーカルはほとんど衰えていなかった。



              結局は、曲。


              何を度外視しても、彼らはそれがずば抜けて凄い。凄まじい。
              それですでに優勝だし、荒い荒くないとか叩けてない弾けてないは愚言にしかならない。









              ベタだけど俺は「力抜く日々」で感極まったよ。

              あまりにも更新しなさすぎなので徒然に。

              0
                春、と呼べるような季節がやってまいりましたな。

                鳶は空を優雅にまるで王者の如く旋回し、少しガソリンを無駄にして山陰に機嫌をうかがいに行けば、積もっていた雪が光を抱き込んで溶けていく様が見えたりなんかして、ああまたどこかで新しく息吹が始まるなぁとかひとりごちている中年でございます。


                まぁなんつーか、季節の変わり目ってやつはヒトを可笑しくしますなヒトを。
                加えて最近古典落語にカブれてまして、口調も自然にそうなっちまうってな案配でございます。


                えー。
                …もとい。



                このコラムも更新が長らく遅れてまして、まぁ言うなればガラスヤは四人ともオトナの階段を上っているところですから、ただいまの活動は非常に地味になっているということです。
                特にワタクシは年末より激しく環境が変わり、くだけて言ってしまえば部署換えというかというか配置換えというか、毎日結構バタバタとしておりまして。
                それでもまぁ、世間の人たちに比べたらまだ時間はあるほうなんですがね。なかなかに青筋や額のシワが収まらないようなカンジですが。


                そんな中、やはりA型バンドのガラスヤさんですからして、コツリコツリ(そんな擬音はない)とスタジオ入りし、まぁなんつーか独特のネチっこさ、暗さとアツさを兼ね備えそうな楽曲を産み出し、ヤスリがけをしております。

                最近やたらイカチイ音になってきた、実はガラスヤの音の芯かもしれない赤ベース。
                楽曲のためにドラムがあるんだかそのドラムを活かすために曲を作ったんだか、作ってるおいちゃんがすでに判らないよ的ドラム。
                どんな下地を作っていっても自分色にドカッと塗り替える強烈なボーカル。

                で、チープだか轟音なんだか、巧いんだか下手なんだか器用なんだか不器用なんだかよくわからないワタクシの6弦。


                完成が見えているのはまだ一曲だけですが、他のストックにも手を付けはじめていおります。
                もうちょいしたら、未発表曲だらけのライブができるくらい…は言い過ぎかな。

                いや実は書き下ろしがもう一曲あるし…いや無理かな。




                …オチ?

                ないよ。

                あたし許されて

                0
                  2014010821310000.jpg
                  私事になるが、大変に気忙しく悩ましい日々が続いている。


                  とか偉そうなことを書いているが、基本的にはすべて自分で選択した道なのだけれど。

                  俺はずっと昔からいつだってこうだった。
                  得意満面でチョイスした道程に困難が訪れると膨れっ面をする。
                  お前が選んだ未来なんだから、起こってることをちゃんと受け入れろっつーの。
                  「あっちが良かった」とか被害者面して嘆くんじゃねえっつーの。
                  どっち選んだって同じような岩は上から落ちるもんなんだっつーの。







                  …あれ?(笑)
                  いや、愚痴るつもりではなかったんスが。






                  そんな酒池肉林的に忙しい中、やはり刺激されて脳は快楽のベクトルにベタ踏みアクセル。
                  数曲のアイディアができてしまう。これはもう、20年近く曲作りを続けているが故の悲しい性なんでしょうね。脳汁がでると他人の歌自分の歌、見たことないタイトル、映像、俳優は誰、っつかなんで曲できる前にPVが浮かんでんだこのバカ状態。



                  溜まっている、のだ。



                  ひとりスタジオ、早いこと行きたいなぁ。



                  いまこんな状況だからこそ浮かんできたものにきちんと対峙したい。
                  はぐらかしたくないので、近いうちガラスヤの曲として作り上げる約束をここにします。不言実行が無理なタイプなのよ。

                  (仮)ばっかなのでタイトル変わる可能性は大ですが。







                  今日の数曲…


                  「君は桃色」
                  「バイバイMr.オレンジ」
                  「ロードショー」
                  「太陽の塔」
                  「シジュウソウ」



                  はは早くつつ作らないとごごごごご5曲ぶんのリフが混ざってしまいそうなのである。
                  いいい急げ俺。

                  賀正〜ん。

                  0
                    2014010117200000.jpg
                    いや皆様明けましたね。
                    2014年ですよ。


                    昔ね、ノストラダムスの予言が噂されてた子供の頃の話なんですが、子供だっただけに信じ込んでいましてね。あー、なんか大変なことが起こってみんな死ぬんやなーとか思ってて。


                    2000年って俺いくつになってるんやろ?あ、28歳かーと。
                    28歳っていったらもう大人やなー。結婚して子供とかおるやろなーって考えたりしてました。
                    でももうその時死んじゃってるんかなーとかね。

                    時代的に景気がバリバリに上向き始めていた頃でもあったし、その頃住んでいたのが田舎だったということもあって、庭付き一戸建てくらいには住めてるかなーみたいなことも考えてましたね。









                    2014年に、暦は捲られた訳です。

                    なんつーか、描いた未来とは違うところに着地してるもんやなーとつくづく感じます。

                    バンドマンになんかなる予定じゃなかったし、関西に住むなんて頭の片隅にもなかったし。
                    子供はまだですし(今年9歳なのに中年太りの息子はいますが)、あまつさえ28歳の一時期プータローしてた期間があったりしましたから(笑)。




                    あれ?
                    何が書きたかったんでしたっけ?

                    …あれ?









                    新年明けましておめでとうございます。
                    自分でも嫌になるくらいオトナになれなくて、接した人みんなに不快な思いばっかりさせる僕です。
                    泣くのが嫌ならそれを直せばいいのに、それをしてしまうと、そこを矯正してしまうと、剥き身の自分で貴方たちに付き合えなくなるのが、逆に無礼に思えてしまい、どうしても直すことができない僕です。




                    なんかもう、ひたすら面倒臭い奴なーと、自分で痛いくらい思ってます。




                    今年も面倒みてやってください。
                    よろしくお願いします。





                    画像は、こないだライブに読んでくれた「八番街」のBa.のヤマさんとVo.八田くん。そしてご存知ガラスヤのBa.の健さん。

                    ヤマさんと健さんがあまりにも似た顔なので頼み込んで撮影しました。
                    パートも、所有する楽器も弾きっぷりも一緒なので思わず載せてしまいましたとさ。

                    俺は音から離れないから音も俺から離れない

                    0
                      2013121311270000.jpg



                      …激務につき絶賛疲弊中!

                      だがしかしライブ告知だバカヤロー!




                      The八番街2ndアルバム
                      「ドゥ・ザ・ライトシング」レコ発

                      2013年12月29日(日)
                      @茨木Barアナーキー(大阪府茨木市宮元町1-11)
                      18:00 OPEN
                      19:00 START
                      ¥1,000+1D¥500

                      ACT>
                      The八番街
                      ガラスヤ
                      瓜破連歌ショーDX
                      GUEST>
                      目黒大樹(from北海道)
                      DJ>
                      ◯橋





                      アレとアレ演奏するよー。
                      腰が痛いよー。

                      流木と海

                      0
                        さすがに涼しくなってきたかなとゆー感じ。
                        ご機嫌いかがですか?


                        お前がいかがだったんだよ長いこと書きやがらなかったクセによーとかっていうツッコミはインビジブルでシクヨロで頼みたい今日この頃。


                        いや、特に書くこともないのですが更新してみるわけですよ。





                        少し前になりますが、かなり好きで読み込んでいたとある作家が、薬物に手を出したとかで逮捕されてまして。

                        擁護するつもりは全く、皆目、微塵も、これっぽっちも、一切、ありません。
                        法治の国で生活する以上、違反者は罰されるのが摂理ですから、法の定める罰則を浴び、きっちりとけじめを付けていただきたい。




                        と、前置きしたところで。






                        詳しく調べていないので断言するに至りませんし、まぁ気まぐれや興味本意だったりっていう理由もあるんでしょうが、近年作品を発表していなかったことを考えると、産めない苦しみからつい…ということだったんじゃないかななどと想像してしまうわけです。


                        俺なんかがこんな事書くのもアレなんですが、例えば過去(それもメディアの最前線)に作品を発表した人間にとって、作れない苦しみというのはそれはもう相当なものだと思います。

                        すべての作品は「ひらめき」から生まれます。
                        無論、どういった味付けをし、付け合わせはコレとコレにして、どんなお皿に盛るかなどといったプラスアルファがなければ出来上がりとはなりませんが、やはりそれでもスタートはひらめきから始まります。


                        このひらめきという奴は非常に厄介な輩でして、偶発的な要素が100%。
                        「さあ今から閃くぞ俺はっ!」などと気合いを入れたところで働いてくれるものではもちろんありません。

                        また訪れるタイミングも非常に気まぐれで、数発連続でボコボコ来るときもあればゼロというときもあり、そんな奴ですから当然、来てほしい時には来ないし、来てもらうと色々困る(採譜や録音ができない)時に突如、ズバババババーン!…と雷火を伴って降りてきたりもする奴で。

                        さだまさし氏は、ライブである曲を歌ってる最中に別の曲のフレーズが浮かんできたことがあって、口では違う曲を歌い、頭では浮かんできたメロディを整理するといったことをステージ上で成し遂げたことがあるそうな。
                        まぁ、あの御方は怪物でございますからね。

                        その御大でさえ「僕はあの頃が一番天才だった」という言い方をするように、やはり誰にしも一時的、あるいは一定の間「…あれ?」っていう時期が訪れるものです。
                        スランプですね。
                        これはもう仕方ないんです。必ずやって来ます。




                        やっぱり作り手にとって一番怖いのが「自分の中の泉が涸れること」であって、ある程度年齢を重ねると特にそうなんですが、若い頃とは感性の種類が変わってくる、みたいなところがありまして。
                        以前はこんなときにこんなことを思い付いたのに…とか後ろ向きになったりする時期がね、あったりします。

                        俺はもう涸れてしまったのか?的な。


                        俺には頼もしい味方が3人もいて、もうアカンでごわす状態になる前に「なんとかしてくれぃっ」的にスタジオに持っていって託しちゃうことができましたが作家の場合は執筆過程においては基本的に一人。
                        そりゃ周りに制作関係の人やらなんやらがいて、助言などはしてもらえるでしょうが、バンドのように煮詰まった部分をバトンタッチして、なおかつ「ええとこ」まで血を吹き込んでくれるっていうのはないでしょうからね。
                        ごっっっっっっっっっっっっつ苦しいと思います。






                        ……。


                        いま自分に一瞬だけ置き換えてみましたけど…寒気がしますなー。








                        だからまぁ、なんつーの?わからんでもない…っていう書き方はまずいな(汗)。苦しみは理解できます。


                        ただ!

                        そこは作り手たる誇りと、そして今まで自分を支えてくれた文章(バンドマンは音符と休符)に感謝する意味で、やはりいい思いをするだけじゃなくて、苦い汁っていうのも享受。がっぷり四つで受け取らないといけないなーと。




                        …なんか理解しづらい事言ってますねぇ。




                        まぁ、ただの戯言。


                        デデン♪

                        | 1/18PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        selected entries

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM